模型製作の工房





普通の机です、座布団は娘のキティちゃん、


机の上にはカッターマットを敷いてます、右手側にはカッター、ヤスリなどの良く使うモノ、左手
側にはピンパイスなどの壊れやすいモノ、特に、0.3mmなどのドリルは右手で引っ掛けない
よう、わざと左に置いてます、


ピンパイスは0.3mmの刃と本体、0.5mmは刃と本体と特に折れやすい刃専用のドリルに
して持っていた方がいちいち刃を取り替えずにすみます、折れたり、なくしたりするもとです、当
店では550円の本体を販売しています、1本2.000円の精巧なドリル本体を持っていて刃を
とっかえひっかえするより、550円の本体にあらかじめ付けておき、本体ごととつかえひっかえ
した方が、安全です、特に0.5mm以下のドリル刃は高いですから・・・・






レターケースに紙ヤスリ、1/43デカール半端、1/20デカール半端、


1/43ジャンクパーツ、1/20ジャンクパーツ と分類してます






食器乾燥機、対流式(電熱線で暖かいのがモワモワ出てくるタイプ)温風タイプは外のホコリも
一緒に入ってくるのと、熱が高くなるので×、あと連続使用できないタイプもチョツト・・・です


私は連続2週間くらいスイッチつけっぱなしです、作るときは2.3台いっぺんなので乾燥時間
に本体を作ります、グンゼの乾燥機はちょっと高いですね・・・ディスカウンターで5.000円くら
いで売ってます、ヤフオクでも500円くらいから出てます、私は本来皿やコップを立てる部分を
取って、ベニヤを切ったものを敷いてます、つっかえ棒をして、温度調節してます、模型用なの
で、こんなモンでしょ、高くて良いものに越したことはありませんが、あとは腕でしよ、


梅雨の時期、外はガンガン雨降ってますが、関係なくガンガン塗装してます、吹いた後すぐ入
れれば、ホコリよけもかねて、ピカピカに仕上がります、冬も寒いですが、ちょっとした焼付け塗
装です、ウレタンクリアーは暖めると硬化促進しますので、1.2日で研ぎ出しできます






塗装ブース、キッチンで使う換気扇をホームセンターで購入、ベニヤ板を切って取りつけさら
に、窓に取りつけました、当然ですが、スゴーク吸います、隣は工場なので臭いの問題もありま
せん、、私のような環境のほうが珍しいので、マンションなどの方は大変です、このような装置
を自作しなくても模型メーカー各社から発売されているファンを使い、さらにアルミのダクトを付
けると良いかもしれません、ダクトは東急ハンズなどで1m単位で販売してます、


照明は左右2ヶ所で、赤めと青めの蛍光灯をいっぺんに点けてます、こうすると中和され、自然
光の下でみたカラーに見えます、白熱灯(Zライト)は×!






左・・・当然ですがフィニッシャーズが多い塗料、意外と使いやすいのがタミヤの缶スプレーの 
   サーフェイサー、缶から出してあらかじめピュアシンナーで希釈しておき、即吹けるように
してます、塗料の攪拌には、タミヤの調色スティックもいいけど粘土用ヘラも使いやすいです、




右・・・オリンポス100C 0.3mm口径、先端のノズルは取ってます、取るとファーと広がって吹
け、ある程度ドロドロでも吹けます、ただ。針に気をつけないと怪我します、ガン


とホースの間に簡易フィルターをかましてます、この他にレギュレーター付き


フィルターもちゃんと付けてます、夏はすぐ水がたまりますから・・・・






左・・・一応ゴーグルとマスクはしましょう、体のために・・・・




右・・・私はこんな感じでとめて塗装します、油粘土にぶっさす人もいます、クリップスタンドは当
    店では入荷しないため、イエローサブマリンさん各店で扱ってます、1.000円くらい?だっ
たと思います、あったらあったで使いやすいです、私は4個くらい持ってます、






資料の本はあるにこしたことはありません・・・が、かさばるのと、重いのが難点、この写真は一
部で、このほか取材した生写真のアルバムが多々、ビデオが200本ほどあります、とりあえず
フィニッシャーさんが資料持ってないときはここから出ます、図面以外でしたらたいてい大丈夫
かな? 最近はクルマとクルマの模型の雑誌は再生紙になるため古本屋に出ません






主だった工具です、ヤスリはやや種類を持っていたほうがよいかもしれません、あとは特にフ
ツーです、模型屋で買えるものばかりです、ノギスの左となりにある横になったモノは粘土用の
ヘラです、塗料の攪拌とラツカーパテのすり込に使いやすいです、画材屋で1.000円くらいで
す、1本あると便利です、


ノギス右ななめ上にある針がついたシャープペンみたいなモノはスジボリを掘る針です、現在
発売されているスジホリを掘るモノの中ではマァマァな性能です、メーカーはミネシマ


J−11「精密ケガキ針」 800円 です、スジボリを掘るモノいいのがなかなかないです、








製作日記 1
製作日記 1






トップへ
トップへ




戻る
戻る