ホーム > 店長日記 > 1/43 テナリブ製 リジェJS-11製作日記 > 1/43 テナリブ製 リジェJS-11製作日記②

店長日記

ここから本文です。

1/43 テナリブ製 リジェJS-11製作日記②

2020年01月12日|1/43 テナリブ製 リジェJS-11製作日記

サフ吹きです アクリルプラサフ グレーをピュアシンナーで約3倍に薄めます。
吹き方は一遍に厚吹きしないよう薄いのを3回ほど吹きます、その後ややたっぷりと吹きます、サフ自体の本当の使い方はサーフェイス(表面)の凸凹をチェックするための塗料で、下地を作る塗料ではありません。

ですからなんでもかんでもサフをふく必要はありません、特にタミヤなどのプラにはサーフェイサーは載りますがプラサフ(プライマーサーフェイサー)はプライマー成分がプラを犯しませんので、上に乗っかっているだけの状態なので、マスキングテープなどの塗り分け時に一緒にもって行かれます。

注意! レジン、メタルには必ずブラサフを使用しましょう!
こちらはサーフェイサーだけですと後日剥離などのトラブルが出ます。
タミヤの缶スプレーのサーフェイサーは程よい強さでプライマーが入っていますのでプラ、レジン、メタルに使えます、ブラシで吹くときは必要量カップに出してシンナーで希釈します、出して10分くらい放置しないと溶液の中にガスが入っていますので、すぐに吹くと泡を吹きます、また、10分とはいえ、樹脂成分やシンナー成分が揮発してしまうので、クイツキが悪くなります、ピュアシンナーや裏技でツールウォッシャーを入れ(どちらかにして、両方は混ぜない方が良いです)シンナー成分を補填してあげましょう、特にツールウォッシャー強力なので抜群のクイツキです、ただ、強力と言うことは、それだけ溶けやすいと言うことなので、ブラにはお勧め来ません、また、レジン、メタル、エッチングにより強固にクイツカセたい場合、アクリルプラサフとピュアシンナーを希釈した溶剤にバワープライマーを10%から20%混ぜると強力になります、また、あらかじめパワープライマー原液をブラシでレジン、メタルに吹いておきますと、もっと強固になります、原液にピュアシンナーを10%ほど入れ薄めると乾燥もより速くなります。

パテ埋め モデパテラッカーを引けている部分や気泡部分に塗ります、出来ればプラ板などでヘラを作り塗るというより、刷り込むようにしてパテを埋めます、パテ全般(ラッカーパテ、ポリパテ)は出来ればサフを吹いた後に使った方が良いです、特にラッカーパテは(メーカー問わず)ラッカーの下地のサフの上からのほうが同じラッカー系なので相性も良いですし、レジンに吸われたり、後日パテ埋めした部分が引けて表面が変化することも少ないです、大体レジンやメタルの上に直接ラッカーパテ(ピュアシンナーやツールウォッシャーよりラッカー成分は弱いです)を塗ってクイツクはずがありません、し、クイツイても脆いです。

サフの仕上げ パテを水をつけたタミヤのサンドペーパーの600番あたりでヤスリ(400番以下はちょっと荒いかな?でも自分にあっている番手を使ってください)表面を平滑にし、もう一度サフを吹きます、乾燥後きれいなつや消しになっていると思います、また、細かいゴミや「ツノ」が立っているかと思います、そのまま下地の白を吹くとつや消しの白になってしまいます、ここでウール状のヤスリがありますから全体を下地が出ない程度にヤスリます、ウール状のヤスリは「スコッチブライト#1200」と言う名で、当店でも扱っています、ペーパーの1200から2000番程度の細かさのヤスリです、14cm×22cm 600円 ハサミで必要量切って使います、また、東急ハンズや神奈川のオカジマと言うペンキ屋でも扱っていると思います、これは元々模型屋のシャンルではなくペンキ屋のジャンルです、1枚あると便利ですし、一生つかえます(多すぎて・・・) こうするとサフのつや消しからツヤアリに変わります

下地の白 ファンデーションホワイトをピュアシンナーで約3倍に薄めます(正確には2.7倍)私は正確にはやりません、大体です、万年調合皿 そそぎ口付き・・・3枚100円の・・・を使い、前ページでありました粘土用の金属ヘラで攪拌します、攪拌すると濃さが大体分かります・・・なぜわかるかというと・・・・勘です、と言うしかありません、私にとって一番吹きやすい濃さがもう出来ているからです、なぜ出来たかと言うと・・・たくさん吹いたからです、完成品を作るの当然ですが、ボディだけをとにかくたくさん吹きました、てすからボディだけの作り半端もたくさんあります、10回ほど練習すれば絶対分かります、メタルだと塗料を落とすのが落なので1/43か1/20のヒロのボディを使って
練習するとこをお勧めします、失敗したら洗面器にシンナーをドバット入れて、その中に漬けて・・・なんてもったいないことはしなくても、ティッシュで3.4回くるんで透明のビニール袋に入れ、ツールウォッシャーを振りかけてそのまま1時間後にビニール袋ごしにティッシュごとゴシゴシやればきれいに取れます、そのまま燃えないゴミに出してあと、残った塗料は普通にティッシュとツールウォッシャーで拭き取ります、そして、もう一度チャレンジ!

下地の白の本吹き 1~3回は普通にサァーと全体的に白になるよう手を普通かやや早く動かし吹きます、との時の一番のポイントはエッジや隠れた部分、ダクトの奥、裏などをあらかじめ集中して吹くことです、ホディまでの距離は20から30cm、左手にボディを持ち右手のブラシと両方動かして裏側などをまんべんなく吹きます、1回、2回の吹くインターバルは夏なら5分、冬では10分弱、ピュアシンナーを使えば完全に乾燥しています、ここで、ゴミなどが入った場合は、塗料の乾燥を待って、1000番以上のペーパーで水をつけ、ヤすリ取ります

・・・いよいよ本吹き、希釈率は同じ、コンプレッサーの圧は約0.3気圧以下、ボディとの距離5cm、上から下へ、左から右へ、スピードは時計の秒針の半分のスピード、ですからりゆっくりです、ライトのてかりを利用し、塗れている(吹いている)部分を良く見ながら吹きます、かなりゆっくりなので、タレそうです、タレが下にタレる前に下を吹きます、タレが下に吹いた塗料と同化しタレません、でも今吹いた所がタレそうです、タレル前にまた下に吹きます、それを繰り返し最後まで吹きます、側面、平面、上面全て同じです、乾燥後、白しか吹いていないのにクリアーを吹いたようなツヤが出ていれば成功です、でもこちら側はツヤがあるのに、反対側がツブツブでツヤ消しになってしまい、反対側を吹くとさっき吹いた側がツヤが消えてしまう場合は、希釈が足りないです、もう少し薄めると直ります、また、薄めすぎると水っぽくて、エッジしか白くなりません、とちらも途中でストップして、乾燥させ、水ペーパーかスコッチブライトで失敗部分を取り、もう一度やりなおしです、

本色吹き リジェなのでフィニッシャーズカラーのフォーミュラフレンチブルーを吹きます、瓶の上下で分離しているので、しつこいくらい攪拌して下さい、希釈率などは同じです、うす吹きの場合白とし同じでエッジ、ダクトなどの吹きにくい部分を先に吹きます

私のレギュレーターは0.7気圧以下に落ちないので水がたまるフィルターの一番下の水を抜く弁に楊枝を突っ込んで無理やり圧を0.2気圧くらいまで落としています、またはジョイントのネジを緩めてエアーを間引きして落とす方法もあります、ホースが揺れると圧が変化するので頃合の良い圧になったらガムテープで強制的に止めてもOKです

フォーミュラフレンチブルーの吹きあがり! クリアーコートしていなくてもこのくらいのツヤが出ていればあとはクリアーを吹くだけ、ここまで光沢があればクリアーコート後の研ぎ出しは必要ありません、でも私は一応研ぎ出ししますが、

ここまで光沢が出ていない場合、フォーミュラフレンチブルー20%、ピュアシンナー80%の超シャブシャブなフレンチブルーを作りゆっくり遠目から吹いてあげると、ソフトクリームが溶けるように表面だけ溶けてピカピカになります、ただ、やりすぎるとポタポタしたたります、注意!です。

このページの先頭へ